相談事例

相談の流れ(イメージ)

(事例は架空のものです)

Aさん 高校生 17歳

高校に行きづらくなってしまって、出席日数が足りなくなったんです。担任の先生からこのままだと退学か留年と言われてしまって…。選択肢がいろいろあるのはわかっているんですが、どうしたらいいのか悩んでいます。

  • 母親より電話相談

  • 本人の了承を得たうえで、相談員がご家庭に訪問

  • 相談員と本人が直接お話しして、本人の気持ちを聞き、これから先の選択肢について一緒に考えました。何度か本人とお会いしたり電話したりして話すうちに、自分の気持ちや学校に行く意味などが整理でき、自分が行きたいなと思える学校を見つけることができました。

  • 通信制高校に転入

Bさん 25歳

大学中退後、アルバイトや派遣の仕事をしていたんですが、どれも長く続きません。いずれは正社員で働きたいなという思いはあるんですが、どうしたらいいのか…。

  • 本人より電話相談

  • 本人に来所していただき、相談員と面談

  • 今までの経験やこれからどうしたいかなどを丁寧に話し合いました。話していく中で、Bさんが転職を繰り返す大きな理由が、コミュニケーションに課題があることが分かりました。人との関係性を築く事に自信がないBさんに、相談員から、某就労支援機関の情報を伝え、そこで支援を受ける事が適切ではないかと提案し、本人も納得したので、そちらに紹介することとなりました。最初は一人では行きづらいとのことだったので、初回は相談員も同行しました。

  • 若まどより就労支援機関に連絡+予約+初回に相談員が同行

  • 就労支援機関での支援継続

  • 認知行動療法セミナーや交流会等に参加し、コミュニケーション力を磨きながら就職活動支援も受ける。

  • 就職

トップへ

©福岡県若者自立相談窓口 All Rights Reserved.